Please assign a menu to the primary menu location under menu

CBD Optima

― あなたの中の百人の名医を呼び覚まそう ―

CBDオイル勉強講座

CBDオイルの推奨摂取量(CBD勉強講座①)

どのぐらいのCBDオイルを飲んだらいいのか? それは、その方(動物)の体重、症状、症状の重さによります。

一般的に言われているのをここに書いておきますと:

● ガン患者の食欲減少には:THCを 2.5mg (経口摂取)プラスCBD 1mg を6週間続ける。

● 慢性疼痛: CBD 2.5-20mg [with or without THC] (経口)

● てんかん: CBD 200-300mg (経口)を毎日

● ハンチントン病による動作の問題:体重1㎏につきCBD 10mg を毎日6週間続ける (経口)

● 睡眠障害: CBD 40mg-160mg (経口)

● 多発性硬化症(MS):THC/CBDのコンビネーション2.5-120㎎ を毎日2-15週間摂る。
大体、3時間内に最高8回、24時間以内では最高48回スプレーを吹きかけてもよい。

● 統合失調症:40-1280mg を経口で毎日、4週間続ける。

● 緑内障:一回20‐40㎎のCBDオイルを舌下に垂らす
(40㎎以上摂ると眼圧が高くなりすぎることがある)

※ THC入りのCBDオイルについては、残念ながら日本では合法でないので入手できません。

ここで、実際に計算すると、
うちで販売しておりますCBDオイルは60mlに1500㎎入っていますから、1ml=25㎎のCBDを含んでいる計算になります。1ml=約20滴ですから、それで換算していただけますでしょうか?
 
   計算の仕方: 1滴=1.25㎎のCBDオイルを含む

また、これ以外の症状については、摂取量が分からなければまた私に個別に聞いてきてください。うちで購入のお客様に限り、無料でお調べします。

経口摂取は、カプセルなら普通に飲みますが、液体の場合は舌下に垂らすと、胃を経由せずに直接毛細血管に乗らせることができますので、特に脳や神経系の症状には効果が断然早く強いです。

舌下に数滴垂らしたら、すぐに飲み込まずに1分~1分30秒ほどキープしていただきます。その後飲み込んでも構いません。
子供さんの場合は、食べにくいならはちみつなどに混ぜて、スプーンで口に入れてやるとよいです。

一般的に、最初は少量側から初めて、体が慣れてきたらだんだん量を増やしていきます。

表は、一般的に体重と症状の重度でどのぐらい摂ったらいいかを示している。
  1㎏ = 2.2 lbs (パウンド)  
例) 体重50㎏の人は110lbs

(左の数1~5は、症状の重度を示す)

【参考資料】
CBD Oil Dosage: General Tips to Assess How Much CBD to Take

トンプソン 真理子
在米20年のメディカル・リサーチャー&著作家。「すべての病は腸から始まる」「食で治せない病気は医者でも治せない」と唱えたヒポクラテスを師と仰ぎ、食と健康との深い関わり、大切さについて気づいてもらうべく日々発信している。 得意分野はリーキーガット、代表著書に「リーキーガット症候群」。

Leave a Response